親知らずの抜歯

他医院で大学病院を紹介される難しいケースにも対応しています。

CTスキャンによる精密な診断で、歯ぐきに埋まった親知らずも抜歯可能です。

親知らず

当院では、親知らずの抜歯で大学病院を紹介された、という患者さまを多数受入れております。3次元で顎の骨の中を把握することができるCTスキャンを利用して、抜歯のリスク(麻痺が起こる可能性)を的確に診断。

ほとんどのケースで抜歯することが可能になりました。

是非一度ご相談にいらしてください。

親知らずは抜歯した方がいい?

抜歯をおすすめする場合

親知らずの部分が何回もはれた、親知らずの部分に物が詰まる。こういった場合は、手前の歯に悪影響を及ぼしている可能性があります。放っておくと、手前の歯まで一緒に抜歯をする必要があることもあります。

必ずしも抜歯しなくて良い場合

必ずしも抜歯をしなくて良い場合はいくつか存在しますが、実は、そんなに有りません。

例えば、上下の親知らず同士がしっかり噛んでいて、なおかつ虫歯がないケースでは、抜歯する必要はありません。ただし、しっかり噛んでいても歯の外側(頬側)に大きな虫歯があったりということはよくあります。

どういうことかというと、頬に邪魔されて、歯ブラシがうまく届かないのです。
こういった場合、上記のように治療器具も届きづらく、治療がしづらいので、精度が落ちるだけでなく、磨きにくさも加わって、結局長い目で見ると痛みが出て、抜歯になってしまうのです。ご自身のケアができない歯を無理に残すことはお勧めしません。

また、親知らずが完全に骨に埋まっていて、長期的に見ても周囲の歯に影響を与えないと思われるケースも抜歯をする必要がないと思われます。

その他のケースでは親知らずの痛みのみならず、周囲の歯に対する影響を考えると、抜歯をしたほうが良いと思われます。

親知らずの周りに違和感を感じたら

患者様から、「親知らずの周りが時々はれるけど、2~3日で治るから放っておいた」、という声をよく耳にします。ただし、実際には治ってないどころか、少しずつ周りの骨が溶けています。何か違和感を感じたら、一度いらしてください。

親知らずの抜歯

歯ぐきの中に埋まっている下顎の親知らずを抜きます。親知らずの抜歯の治療の流れを説明します。

[1] 麻酔をします。親知らずが歯ぐきの中で傾いた状態で埋まっています。

 

[2] 歯ぐきを切り開きます。

 

[3] 一度では抜くことができないため、歯を削り割ります。歯に被っている骨を削ることもあります。

 

[4] 下顎の中には、神経と血管の管が走っており親知らずが近接していると、歯を抜くときに傷つけることがまれにあり、唇のしびれなどの症状がでることがあります。

 

[5] 器具を使い、歯を動かしながら歯を抜きます

 

[6] 歯ぐきを戻して傷口を縫います。

 

[7] 骨を削ったりした場合は、抜歯後の痛みや腫れがひどく、口が開けづらくなることがあります。処方された、痛み止めや化膿止めをしっかり飲んでください。

 

[8] 後日、消毒を行い、抜糸をして治療は完了です。

 

抜歯後の注意点

親知らずの生え方は、人それぞれなので、一概には言えませんが、歯茎を切開する場合など、腫れ、痛みが続く場合があります。投薬のほか、レーザーによる疼痛の緩和、治癒の促進を行うこともあります。

抜歯例

抜歯例1

抜歯前 抜歯後

抜歯例2

抜歯前 抜歯後

抜歯例3

抜歯前 抜歯後

抜歯例4

抜歯前 抜歯後

抜歯例5

抜歯前 抜歯後

抜歯例6

抜歯前 抜歯後

抜歯例7

抜歯前 抜歯後

抜歯例8

抜歯前 抜歯後

抜歯例9

抜歯前 抜歯後

抜歯例10

抜歯前 抜歯後

抜歯例11

抜歯前 抜歯後

抜歯例12

抜歯前 抜歯後